ベナンのヤシ酒(ソダビ)作ってみた~

体験談シリーズ第6弾です!!

今回はベナンの国民酒であるヤシ酒(現地語でソダビ)作りを見学したので、それについて書こうと思います。

ここベナンで庶民のお酒といえばソダビ!その場に何人いても、みんなが同じショットグラスで一気飲みして、お酒を楽しみます。

調べてみると、このお酒、ヤシが育つところではよく飲まれているようで、東南アジアの国々やインドでも有名みたいですね~。

今回ソダビ作りを教えてくれたおっちゃんジョゼフ。ナイジェリアに12年間住んでいたということで英語がうまい。

 

それでは各工程見ていきましょう!!

①ヤシの木を伐採し、根や枝を取り除き、2週間放置

伐採前

伐採後、根・枝を切り落とす(日陰は作り出すものですねw)

これで2週間放置します

ちなみに大体ここまで育つのに10年から15年かかるらしいです。もちろん、おっちゃんは植林活動も行っています。

 

②幹に空洞を作り、そこに穴を開ける

鉈をぶっさして

削って空洞を作る

空洞に穴をあけて下に容器を置く

穴にこの筒を通す

空洞を広げていく

原液を味見するおっちゃん

最初に空洞を作った日から毎日、少しずつ空洞を広げていきます。そうすると、根っ子から液体が上がってきます。それがソダビの原料です。この作業を3日から4日間続けて、さらに3日間保管します。

 

③蒸留工程

ドラム缶に入れて

揮発したアルコールが管を通って

2回冷却されて、できあがり

手作りの蒸留装置を使って、蒸留します。火をつけてから1時間半後に最初のソダビがでてきました。

そこから1時間半から2時間で10リットルの容器がいっぱいになります。20のヤシの木から約120リットルの原液が採れ、最終的に40リットルのソダビができます。

 

次にマーケティングっぽく。

・商品

こちらができあがり。ワンショットから販売しています。アルコール度数は40度以上らしいです。味はすっごい強い焼酎ってかんじかな~。

・価格

卸売価格が10リットルで約1000円。小売価格が約1200円。ちなみに大瓶ビール1本、約120円。

・流通チャネル

販売拠点は自宅であるここのみで、顧客が出向いて買いに来るそうです。顧客は卸業者が大半で、中にはコトヌー(車で3時間)から買い付けに来る人もいるとのこと。

・販促

特にしてないそうです。遠くから来る顧客は事前に電話しておけば用意しておく。常に100リットル以上は在庫しているらしい。

 

農家グループのメンバー宅にて

屋台にて(真っ昼間w)

 

お酒はみんなを笑顔にしますね☆

「おれのソダビは一級品だ。だからこそ、コトヌーからわざわざ買いに来る」と言ってた時の、職人の顔になったおっちゃんが印象的でした。

味はそこまで好みではないけれど、ベナンをより知るために飲み続けていこうと思います。

ではでは~☆


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。千葉県成田市出身。 大学在学中にザンビアで半年間ボランティアをするNGOのプログラムに参加。 埼玉大学経済学部卒業後、英国サセックス大学開発学研究所(IDS)にて開発学修士号取得。 大手商用車メーカーにて3年半勤務したのち、大阪の化学メーカーに2年半勤務。 2017年10月から2019年9月まで西アフリカのベナンで、青年海外協力隊隊員として活動。 JICA SHEPプロジェクトを用い、野菜農家グループの収入向上に貢献。 ベナンの飲食店経営に従事した後、現在はベナンの農業関連会社の起業準備中。 ”だれもが志を持って生ける世界の創造する”というビジョンを胸に日々活動中。