ベナンのお餅食べてみた~

昨年のクリスマスにベナンでお餅(自分が勝手に呼んでるだけw)を食べたので、そのことを書きます。昔から自炊もしないし、『食』に関しては苦手分野ですが、がんばって書いてみます。

クリスマス当日、何か面白いこと起きないかな~&誰か友達に会わないかな~、ということで住んでる町の一番大きな教会に来ました。礼拝が終わった後、一人のおっちゃんが話しかけてくれました。

おっちゃん
おれは、たかを知っている。おれんちでご飯食べてけ!

たかさんは前任の隊員です。たかさんありがとうございます!w

家に着くと、さっそくやってました、お餅づくり。これがヤム芋です。

 

かなりおっきいですね~。皮をむいて、小さくカット。茹でていきます。

 

柔らかくなったところでお餅つき開始!使うのはこれとこれ。臼と杵みたいですよね~。

自分もちゃんとお手伝い。以前記事にも書きましたが、これはベナンでは正装ですからね。パジャマではありません。

そして、今回は魚が入ったピーナッツソースといっしょに、みんなでつつきます。お餅お餅って呼んでましたが、ベナンではイニャムピレと呼ばれる食べ物で、ピーナッツソースには魚、鳥肉、羊肉なんかも入るみたいです。ベナンの北部でよく食べられるみたいですが、私が住んでいるコヴェ(どっちかというと南部)でも食べられます。ただ、ここでは、こういったイベント時によく食べられるみたいです。

このソースが少しピリ辛でうまい!この時は2回目で、前回はお祭りの時に食べました。前回は鳥肉といっしょに。

ご馳走になった後、おっちゃんの仕事場へ。彼は写真屋さんということでスタジオにお邪魔することに。こんなかんじで、ちゃんと仕事してます。

自分も一枚とってもらいました。前に床屋で眉毛短くされちゃってw

彼の中では、写真に写る時は斜め下を向いて真顔!らしいです。おっちゃんが被写体の時もほらこの通り。

今回は以上で~す☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です